松山北部の街路樹

  1. HOME
  2.  > 
  3. 松山北部
クスノキ
クスノキ クスノキ クスノキ

写真をクリックすることで拡大します



種類:クスノキ
科:クスノキ科


4月末から5月上旬にかけて大量に落葉する。
5月から6月にかけて、白く淡い黄緑色の小さな花が咲き、10月から11月にかけて、直径7-8mm程度の青緑色で球形の果実が紫黒色に熟す。鳥が食べて種子散布に与るが、人間の食用には適さない。

▲このページのTOPへ


カイヅカイブキ
カイヅカイブキ カイヅカイブキ カイヅカイブキ

写真をクリックすることで拡大します



種類:カイヅカイブキ
科:クスノキ科


カイヅカイブキは日当たりの良い場所を好む陽樹です。日当たりの悪い場所や日陰は、枝が枯れやすく生育も良くないので適しません。
ナシと近接して植えると赤星病を媒介するため、主なナシの産地には赤星病防止条例があり、植栽規制と除去命令が制定されている。

▲このページのTOPへ


クロガネモチ
クロガネモチ クロガネモチ クロガネモチ

写真をクリックすることで拡大します



種類:クロガネモチ
科:モチノキ科


開花期:6月果実鑑賞:10月-12月
しばしば庭木として用いられ、比較的都市環境にも耐えることから、公園樹、あるいは街路樹として植えられる。
クロガネモチ」が「金持ち」に通じるから縁起木として、庭木として好まれる地域もある。西日本では野鳥が種を運び、庭等に野生えすることがある。

▲このページのTOPへ


ケヤキ
ケヤキ ケヤキ

写真をクリックすることで拡大します



種類:ケヤキ
科:ニレ科


花は4-5月頃、紅葉(見ごろ時期)11月頃
街路樹や庭木などとしてよく植えられる、巨木が国や地方自治体の天然記念物になっていることがある。
秋の紅葉が美しい樹木でもある。個体によって色が異なり、赤や黄色に紅葉する。

▲このページのTOPへ